(1099)

  サイゼリアはミラノ風ドリアを値上げせよ

 最近、割とサイゼリアに行きます。  出版社の近くにあるので、昼食を食べによく行きます。  休憩時間が1時間なので、本を読みながら食事して、コーヒーを飲むと、ちょうどいいくらいです。  味も悪くありません。

 ところが、サイゼリアには、客層が悪いという欠点があります。  どうにも、貧乏学生の溜まり場になっているのです。

 彼らの行動様式は決まっていて、ミラノ風ドリア(\290)を注文するだけで、そのまま何時間も騒ぎながら居座ります。

 最近僕は、案内された席が、うるさい貧乏学生の傍だと、「席を変えてください」と言うようになりました。

 さすがに理由はハッキリ言いませんが、「どうも隣のお客さんが…」と言えば、全てを察知してくれます。

 ところが、変更された先の席にも、後からうるさい貧乏学生がやってくることがあります。  そういう時は、仕方ないので、我慢します。

 この際、ハッキリ言いましょう。  サイゼリアは、ミラノ風ドリアをメニューから追放せよ。  あるいは、ミラノ風ドリアを値上げせよ。

   このメニューが\290と不当に安いせいで、「不適切な客」が押し寄せ、店内で周りのお客さんに迷惑をかけるのです。  ミラノ風ドリアは、\390くらいが妥当な値段です。

 ちなみに、僕は、サイゼリアで毎食平均で、\1,000くらい使っています。  \1,000あれば、メインの料理に、スープやサラダをつけることができるので、ちょっと贅沢な気分が味わえます。

 そして僕は、ミラノ風ドリアを注文するだけで、何時間も居座る貧乏学生に対して、不快な気分を抱きつつも、ひそかに優越感も感じているのです!

山田宏哉記

追記。 今後は、掃除屋と並んで、「貧乏学生」も徹底的に叩くことにしました。これも、愛の鞭です(ウソ)。

2006.12.25

記事一覧へ戻る 文筆劇場・トップ