(1501)

 極東の国で英語を学ぶ意味

   1ヶ月ほど前からBBCの Radio NewsPod(約35分)とGlobalNews(約25分)を熱心に聴いています。

 英語のラジオニュースと言えば、CNNが有名です。  ただ、僕の個人的な好みで、BBCの方を贔屓にしています。

   さて、日本人は英語が苦手だと言われます。  おそらくそれは、英語に接する絶対量が不足しているからです。

 毎日、BBCのRadio NewsPodとGlobalNewsニュースを計1時間、ナチュラル・スピードで聴き続ければ、英語のリスニング力や語彙力が劇的に向上します。この効果のほどに、僕自身、驚いています。

 この辺のことは、理屈無用です。子供が言語を覚えるとき、文法から入ったりしません。言葉のシャワーを浴びることで、自然に身に着けます。

 英語での情報入力ができると、確実に世界(視野)が広がります。  日本のマスコミが報道するニュースが、地球規模の出来事をいかに取りこぼしているか、ということがよくわかります。

 シリコン・オーディオを利用している人で、英語の勉強をしたいと思っている人には、毎日、ひとまずBBCニュースを聴くことを強く推奨します。情報の質そのものが高いからです。

 日本人が、英語を仕事や研究に役立てようと思ったら、まずはリスニングとしてBBCとCNNあたりのニュースを聴き、読解として『NYタイムス』『ファイナンシャル・タイムス』『エコノミスト』辺りの記事を読むのが、第一歩のように思います。

 ハードルが高いと思うかな? ただ、世界水準の教養・見識・情報を求めるなら、最低限、これくらいは欲張りたい。

 どうも英語の勉強というと、多くの日本人が、" Is this your pen?" " Ah!Ah!Ah! It's my pen!" といった "痴呆的英会話瓩剖修犬討い泙后こんなことは、無職の暇人がすることです。

 今、地球で起きている最も重要な出来事は何なのか?   あるいは、どこにどのようなビジネス・チャンスがあるのか?  そして、日本という極東の国で生きる私の人生に、どのように関わってくるのか?

 英語を勉強して、英語を実生活に活かす上での核心部分は、この辺りにあるように思います。

山田宏哉記

P.S. 悪いけど、道に迷っている外国人に英語で道を教えるとか、海外旅行でコーヒーを注文できるようにするといった牘儻賣廊瓩蓮△△まで"おまけ瓩任靴ありません。

2007.10.6
 手紙一覧へ戻る 文筆劇場・トップ