(1525)

  亀田家が一家心中したら

 今、日本人の倫理や道徳の箍(たが)が急速に外れているように感じます。一言で言えば、ものすごく嗜虐的になっています。

 相関するように、インターネットを使った気持ち悪い事件やトラブルも増えています。

 「くりらじ」のBJニュースで聞いた話ですが、亀田家の長男を吊るし上げにして、「あのような父親をどう思うか?」という質問をした記者がいたそうです。

 その時、長男は「みんなはあれこれ言うかもしれないけど、自分にとっては世界一の父親です」という趣旨の答えをしたらしい。

 僕は、ボクシングの試合も謝罪会見も見ていないけれども、もしこの挿話が本当なら、僕は、全国放送の場で、このような質問をする人間を「許しがたい」と思うし、この一点に関しては、この長男は立派だと思う。

 ついでに、次男が「切腹しろ」と罵声を浴びせられて、実際に腹を切ったという噂が流れています。

 二〇歳前後の男が、生意気で無作法だったくらいで、一億総出で袋叩きにするというのは、社会全体が寛容さや思いやりを失った、ものすごく息苦しい状況です。この件に関しては、「内藤は偉かった」で終わりでいいじゃん。

 これでは、「いじめ」以外の何ものでもないと思う。亀田家に対して、殺人者以上の社会的制裁を加えようというのは、明らかにやりすぎです。

 亀田家の方々が、虚勢を張っていることくらい、まともに生きている人間なら、すぐにわかります。僕自身、確かにそういう時期があったし、「可哀想だな」とは思うけれども、吊るし上げようとは思わない。

 本当は、亀田家の無作法より、自らの安全な場所に置いて誰かをスケープゴートにして袋叩きにする人間こそ、許しがたいのではないかと思います。

 かつては、「若い男は生意気だからねぇ。しょうがないなぁ」で済んでいたことが、今は「切腹しろ」ですか。

 ならば、亀田家の方々が一家心中でもしたら、「いい気味だ。ざまあみろ」とみんなで大笑いですね! 

山田宏哉記

P.S. どうも人は、自分を安全な場所において、匿名で自由(無責任)に振舞うことができる環境を得たとき、悪事をなす場合が多いようです。あぁ、気持ち悪い。

2007.10.26
 手紙一覧へ戻る 文筆劇場・トップ