(1536)

  爛ープン・スキル瓩紡仆茲垢

 スポーツの世界には、技術の分類法として、爛ープン・スキル瓩鉢爛ローズド・スキル瓩箸いκけ方があります。

 フィギュア・スケートの演技や、砲丸投げ、アーチェリーなどは、犲分次第瓩撚燭箸なります。つまり、これから自分がどのような動きをするのか、予想がつきます。

 このような技術を爛ローズド・スキル瓩噺討咾泙后

 反対に、格闘技、サッカー、川下り(?)などは、犲分次第瓩箸いΔ錣韻砲呂いません。相手や周囲の環境に合わせて、自分の動きを変えていかなければならない。

 このような技術を、爛ープン・スキル瓩噺討咾泙后

 勘のよい方なら、これがスポーツの世界に限った話でないことは、すぐにわかるでしょう。

   もっとわかりやすい例を挙げれば、勉強は爛ローズド・スキル瓠人間関係は爛ープン・スキル瓩砲覆蠅泙后

 狷罰忰甅犖朕洋習瓩モノを言うのは、基本的に爛ローズド・スキル瓩寮こΔ任后

 マラソンを個人練習するのはごく自然ですが、柔術の投げ技や関節技を個人練習するというのは、かなり滑稽でしょう。

 僕は爛ローズド・スキル瓩梁Δ凌祐屬任后そのこと自体には、悔い(?)はありません。

 ただ、人間、どうにも自己正当化したくなるもので、これまで僕は爛ープン・スキル瓩魴攣襪靴垢てきたように思います。

 社会を生き抜くための技術は、主として爛ープン・スキル瓩紡阿靴泙后つまり、犖朕洋習瓩蚤从を立てても、あまり意味をなさないのです。

 対話、打ち合わせ、交渉事…。そういう人間同士のぶつかり合いに処する技術を身につけるには、人間を相手に格闘して、場数を踏んでいくしかありません。

 僕は、勉強も運動も文筆も、おそらく人並み以上にできますけれども(!)、それらはいずれも、爛ローズド・スキル瓩紡阿靴泙后6墨世垢譴弌△修鵑覆發里論い鯏呂訃紊如¬砧呂婆鯲たずなものです。

 反対に処世術として不可欠な、会話力、交渉力、人脈活用、リーダーシップ、ビジネス・センスなどの他者と環境に合わせて処していく爛ープン・スキル瓩箸覆襪函∨佑呂泙気豊狠侶辰鬚れ瓩凌綵爐砲△蠅泙后

 自閉症気味のみなさん! 爛ローズド・スキル瓩膨垢韻討い襪らといって、自分を優秀な人間だと思うのは、致命的な勘違いですよ!

  山田宏哉記

P.S. むしろこれからの時代、僕のような爛ープン・スキル瓩魴攣襪垢觴閉症気味の人は、ネットカフェ難民かなにかに落ちぶれ、残飯を漁ることになるでしょう。あぅあぅあぅ。

2007.11.8
 手紙一覧へ戻る 文筆劇場・トップ