(1552)

   音楽作品集 「人生最良の刻を」

 ラジオステーションの新番組「山田宏哉音楽作品集」にて、「人生最良の刻(とき)を」を配信しました。  

 この仕上がりに対して、おそらく、色んな意味で唖然とすると思います。  便宜上、僕の歌も入れていますが、バッキング(伴奏)の方に力を入れて製作しています。

 また、歌や歌詞が聴くに堪えないという人のために、メロディをピアノで置き換えたインストバージョンも用意しました。

   人生最良の刻を

 あのとき道を間違えて
 落ちぶれた僕を笑うかい?
 あのとき道を間違えて
 向かう先はウォーターフロント

(*)わずかな日銭のために
 這いつくばって生きてます
 もうすぐやってくるバースディ
 心を黒く染める

 人生最良のときを
 僕は西船橋の波止場で
 人生最良のときを
 重荷を担いで日が暮れる

 汗まみれのシャツには
 誰も知らぬ涙が染みて
 仕事を終えてビール浴びれば
 明日が永遠に来ないことを願う

 あのとき道を間違えて 
 荒んだ未来を追いかける

 (*)繰り返し


  山田宏哉記

P.S. この才能に嫉妬せよ。なんちって。

2007.11.27
 手紙一覧へ戻る文筆劇場・トップ