ジョン・スミスへの手紙
 サイバー・ラボ・ノート (1579)

 「量」という研磨剤

 よく、物事の上達過程において、「質か、量か?」という問題提起があります。  もちろん、答えは決まって「質」です。  このこと自体は、間違っていません。

 ただし、僕の率直な印象を言うと、「質」を高めるためには、必要条件(≠十分条件)として「量」をこなすことが必要です。  量の裏づけのある質だけが、卓越した人物への道を開くように思います。

 二桁の数字をイメージとして使えば、質は「十の位」、量は「一の位」に相当します。「十の位」をひとつあげるためには、「一の位」の数字を10個つみかさねることが必要です。

 ところが、多くの人が「一の位(≒量)よりも、十の位(≒質)の方が大切だ」と当たり前の認識に留まっています。

 あえて注意を喚起すれば、上達のための「量」は、10進法とは限りません。  

 ある人は、「1、2、3、4、10、11、12、13、14、20、21…」と5進法で、質が向上するでしょう。

 またある人は、「1.2、1.4、1.6、…」などと0.2刻みでしか量を積み重ねられないかもしれない。

 もっとも、この量を刻むスピードの格差そのものも「質」と捉えることもできます。つまり、「量が質を規定する」と同時に「質が量を規定する」のです。

 言い方を換えれば、質を高めるためには、量をこなすことが必要であり、量をこなすためには、質を高めなければならない。   量の裏づけのない質は、怠け者の言い訳であり、質の裏づけのない量は、愚者の骨折り損になるのです。  

 質と量の両者は不可分だという認識こそ、まさに僕たちが持つべき心得ではないでしょうか。  
 
追記 . 文明の利器が発達するにつれて「質」が叫ばれるからこそ、逆に「量」が盲点になってきているように思います。  

 山田宏哉記

 2007.12.27
 記事一覧へ戻る 文筆劇場・トップ