ジョン・スミスへの手紙
 サイバー・ラボ・ノート (1845)

 アーカイブス機能を強化しました

   過去のデジタル原稿口述音源をスプレッドシートに統合して公開しました。口述音源は「サイバーラボトーク」として、htmlでもアクセスできるようにしました。

 「サイバーラボノート」(ジョンスミスへの手紙)だけで既に1800本を越えるエッセイを書いていますが、昔、書いたものはほとんど忘却の彼方へと消えています。

   口述音源も、既に10時間分くらい話していますが、あちこちに拡散していて、検索するのに一苦労です。

   そこで、過去のデータベースをより活用しやすくするために統合しました(グーグルのサイト内検索機能には、漏れが多いので不満です)。

   こういう地味な技術は、スプレッドシートで事務をやっていることが役に立ちました。ニートやフリーターにとっては、なかなか難しい芸当でしょう。ひどい偏見ですが。

   これまで僕は内心、アイディアや閃きこそが素晴らしく、事務能力など凡人の飯の種に過ぎないと思ってきました。

   しかし、どんなに優れた考えも、それを現実のものに移すためには、地に足の着いた実行力や実務能力が必要になります。

   爛リエイティブ志向瓩離屮蹈ーのみなさんは、過去のデジタル原稿や口述音源をスプレッドシートにまとめたりする必要がないので楽ですよね。

   えっ、ブログだとラジオステーションも開設できないし、スプレッドシートをそのまま公開配布できないって? そもそも録音の仕方やスプレッドシートの使い方がわからない? それはご愁傷さまです。

   ウェブサイトを運営している以上、これからもゴミ・ブロガーにはできないことにどんどん挑戦していきたいと思います。

 追記. 訪問者からは、なかなか見えない部分の技術にこだわるのと、ちょっとした優越感に浸ることができます。

山田宏哉記

 2008.10.12
 記事一覧へ戻る 文筆劇場・トップ