ジョン・スミスへの手紙
 サイバー・ラボ・ノート (1900)

 黒幕を探せ 隠蔽された評価システム  

 あなたの社会的評価はあなたの自己評価で決まるわけではありません。言葉にすると陳腐ですが、大切なことです。

 では、全く受身の姿勢で評価されるのを待っていればいいかといえば、それも違います。社会的な評価は、やはり自ら主体的に勝ち取っていくものです。

 まず何をすべきかといえば、今、自分がいる場所を支配する猊床船轡好謄爿瓩鮓抜くことです。

 「社会的な意味付け(価値付け)」をめぐる戦いをフランスの社会学者ピエール・ブリュドゥは狆歡闘争瓩噺討咾泙靴拭K佑燭舛呂い燭襪箸海蹐如△修靴匿緻眠爾如△海両歡闘争を繰り広げています。

 例えば、医学の学会で新しい研究成果が2つ発表されたとします。  ひとつはハゲを治療する薬。もうひとつは水虫を治す薬。果たしてどちらが意義のある研究成果と言えるでしょうか。

 「どちらも大切だ」とか「どちらも有望だ」というのは、建前としてはその通りです。しかし、社会的な原資が一定である以上、優先順位や序列をつけざるを得ないことが多いのが現実です。

 その序列のつけ方には、一定の基準や法則があるのですが、当事者に対しては巧妙に隠されています。もちろん、これでいい。なぜなら、猊堝明な評価システム瓩海修権力の源泉だからです。

 人間社会においては、ルールを決定する者や評価システムを運営する者こそが、絶対強者として権力を握っています。ギャンブルで言えば、狷晃記瓩冒蠹します。

 そして、現代日本においては、犢餡噺務員瓩海修象徴闘争の頂点に位置する存在です。

 「官僚は単なる事務屋だ」というのは、揶揄としては構いませんが、本気で言っているなら、社会人失格です。人間社会においては、不透明なルールと評価システムを運用する犹務屋瓩海修フィクサー(黒幕)なのです。

 経済が得意な人を優遇するか、工学が得意な人を優遇するか、芸術に長けた人を優遇するかは、権力者(=事務屋)の裁量いかんにかかっています。

 普通の人は、ルールや評価システムの内部で踊らされるだけで、一生を終えていきます。それが当たり前の人生だと信じて疑わない。だからこそ、その存在を見抜けば、眼と思考が曇った人たちのあいだから抜け出すこともできるのです。

 追記.  なお、オリンピックはアスリートの競技ばかりが注目されますが、実はルール策定をめぐる戦いです。特にフィギュアスケートの採点方法などは、決定的に重要な意味を持っていることは、少し考えればわかるでしょう。

山田宏哉記

 2008.11.25
 記事一覧へ戻る 文筆劇場・トップ