ジョン・スミスへの手紙
 サイバー・ラボ・ノート (1948)

 脱マウスで異次元の速度を手にする

 PCのユーザーとして上達する鍵のひとつは、狠Ε泪Ε広爐砲△蠅泙后F匹鵑濃のごとく爐覆襪戮マウスを使わずに、キーボードで操作する爐箸いΔ海箸任后  

 Cntl(コントロール)キーを使うと、コピー&ペーストや保存が瞬間的にできることは、有名です。「マウスで右クリックして…」とすると1〜2秒かかります。このたった1〜2秒の差が、情報技術の上では、致命的に重要です。  

 縦に長いウェブサイトを閲覧するときに、マウスでスクロールバーを調節しながら読むのは、効率の悪い方法です。PgDn(ページダウン)キーを使うと、本のページをめくるののに迫るスピードで、ウェブ上の文章を読むことができます。  

 マウスは、アナログ操作なので、初心者にとっては、使いやすいですが、上達するにしたがって、スピード操作の足を引っ張ることが多くなります。  

 マウスで操作するのは、携帯電話でメールを打つようなもので、大変な時間のロスが生じています。ただし、それが初心者にはわからないのが、こわいところです。  

 ですので、キーボード操作を覚えることをお勧めします。マウスを使わずにできる操作は、キーボードでした方が、速い場合が大半です。IT業界のビジネスの現場では、特にこのことが徹底しています。  

 僕も、なるべくマウスを使わず、キーボード操作をするようにしています。そのためには、コツコツと覚えることも多いですが、それだけの見返りもあります。ほとんどの人は、キーボードの中のごく一部の機能を使っているだけです。  

 例えば、15分という限られた時間でニュースを収集するとき、マウスだけを使っていると、10本しか記事が読めないのに対して、キーボード操作と併用すると20本の記事が読めるとしたらどうでしょう。  

 マウス操作オンリーの人が読むことができなかった記事の中に、非常に役に立つ情報が含まれている可能性は、十分にあります。この差の積み重なりは、やがて教養や収入の差につながっていくでしょう。  

 ウェブブラウジングの弱点は、紙の媒体と違って、速読がしにくいことです。しかし、マウスだけでなく、キーボード操作を併用すれば、それなりの速読が可能になります。  

 ただし、ブラウザにIEを使っているようでは終わっているので、今すぐオペラかファイアフォックスかクロームに乗り換えることをお勧めします。  

 追記. 「マウスを多用するのは素人だ」という信念を持って、キーボード操作の上達に邁進いたしませう。 

山田宏哉記

 2008.12.28
 記事一覧へ戻る 文筆劇場・トップ