ジョン・スミスへの手紙
 サイバー・ラボ・ノート (2590)

 豹変の夜 2010年の横浜・みなとみらい地区をゆく

 
昨日、横浜・山下公園前のマクドナルドで「虚無の街 2010年の横浜・みなとみらい地区をゆく」を記事としてまとめました。

 店から出ると、既に辺りは暗くなっていて、昼間とは全く違う光景が展開されていました。"光の罠"とでも形容したくなるような、昼間との豹変ぶりです。

 今更ですけれども、横浜というのは"夜が主役の街"なのです。いわば、虚飾の空間です。

 約10時間くらいかけてみなとみらい地区を歩き回り、ランドマークタワーの展望台に1日2回昇ったあげく(1回\1,000)、ようやく気付きました("1次情報の収集"はかくも厳しい道なのです)。

 "証拠写真"を撮る事ができたので、列挙致します。iPhone付属のカメラという限界はありますのが、おおよそのニュアンスはつたわるのではないかと思います。

【写真1】ランドマークタワーから臨む新港。


【写真2】夜のみなとみらい地区概観


【写真3】夜のみなとみらい地区概観


【写真4】新港の中心的施設「ワールド・ポーター」


【写真5】おまけ ランドマークタワー展望台より。北西方面。


【写真6】おまけ ランドマークタワー展望台より。南東方面。


 山田宏哉記
 
 2010.5.30
 記事一覧へ戻る 文筆劇場・トップ