ジョン・スミスへの手紙
 サイバー・ラボ・ノート (2594)

 夜の品川 都市を這う者

 
昨夜、自転車で夜の品川を走ってきました。気になる光景は、写真に残してきました。

 この地区を象徴するのは、やはりタワーマンションでしょう。これは、格差社会の象徴でもあります。

 どんな住民がいるのか気になるところですが、一般庶民に手が届く物件ではないことは確かです。

 おそらく、品川のタワーマンションの高層階から夜の都市を睥睨すれば、こみ上げる優越感を抑えるのは困難であろう、と想像します。

 何点か、象徴的な写真を掲載しておきます。

【写真1】京浜運河と東京モノレール。品川方面。


【写真2】JR大崎駅前のタワーマンション


【写真3】大崎駅前タワーマンション群の合間


【写真4】品川。眠らないビル建設。


 ちなみに、私が大森で月\71,000で借りている"マンション"は、どう見ても"地下"にあります。

 山田宏哉記
 
 2010.6.3
 記事一覧へ戻る 文筆劇場・トップ