ジョン・スミスへの手紙
 サイバー・ラボ・ノート (2717)

 現実逃避としての"愛国"

 「"愛国"とは、現実逃避の別名である」。今まで、公然と主張することはさすがに憚られました。

 しかし、中国に反発する若者たちが政治運動に組み込まれつつあるので、この際、言っておかなくてはなりません。

 そもそも、大衆運動あるいは政治運動に肩入れするのは、大抵、その時代のミスフィッツ(社会不適応者)たちです。

 これは、"波止場の哲人"であるエリック・ホッファーが今から60年前に指摘していたことです。それは現代社会においても例外ではありません。

 将来が閉ざされた若者にとって、愛国心という「神聖な大義」は、あまりに輝いて見えるものだ。極端な例になりますが、現状に満足している人間は、"自爆テロ"に走ったりしません。

 冷酷な言い方になりますが、個人としての競争に敗れた者は、自分のアイデンティティを「国家」や「民族」と同一視する場合が多いものです。

 僕自身、最も"愛国心"が高揚したのは、大学受験に失敗した浪人時代でした。このことは正直に告白しておかなくてはなりません。社会からドロップアウトした者ほど「愛国者」になりやすいとは、皮肉な逆説です。

 極論すれば、普通の生活を送るなら、愛国心は希薄な方が望ましいのです。

 集団の一員であることを最も誇りに感じるのは、その集団の底辺にいる者たちです。これは大学、企業、国家のいずれにも当てはまります。誰しも薄々、気付いているでしょう。

 庶民が、殊更に「日本人であることの誇り」とか感じて政治運動に参加するのは、何か歪みがあるのです。

 おそらく、"彼"は何かから逃げている。それは、生活費を稼ぐという制約であったり、学校で苛められていることだったり、職場での不遇だったりするのでしょう。

 一般に男は天下国家を論じるのが好きですが、それが仕事でない限りは、多分に現実逃避の意味合いを持ってます。僕自身、大上段に構えた話をするときは、そのような自覚を持つようになりました。

 結局のところ、思想はその人が置かれた社会的な立場、経済的な立場と無縁のものではあり得ない。

 低所得者や社会不適応者が左翼運動、民族主義運動、さらには宗教運動にコミットするのは世の常です。

 理論の名前や中身は様々でも、いずれも「怒った若者のガス抜き機能」を果たしています。このような大きな構造を無視して、思想の中身の議論に没頭するのは滑稽でしょう。

 これがリアリストの見方だと、今の僕は考えています。

山田宏哉記

Tweet

 2010.10.16 記事一覧へ戻る 文筆劇場・トップ