ジョン・スミスへの手紙
サイバー・ラボ・ノート (3134)

 震災ボランティアの戦友たち あれから1年篇

 先日(2011年5月6日)、約半年振りに福島県のいわき市を探訪した。 かつて震災ボランティアとして活動した現場が、その後どうなったのか、自分の眼で確かめたかった。

 いわき駅前は随分と生活感が戻った印象だった。地面の歪みが残っているのは仕方ないが、破損したブロックなどは補修されていた。

 地元の方の話も聞いたが、「いわき市はだいぶ落ち着いた。原発関係者がこの辺りで飲み歩くこともなくなった。原発関係者は(素行不良で)問題を起こして、今はJヴィレッジに集まっている」とのことだった。

【写真1】福島県いわき市四倉。搬入される建築資材。

【写真2】全壊宅の跡地にまた住宅を建てる。

【写真3】売地となった全壊宅の跡地

【写真4】いわき市久ノ浜

【写真5】いわき市久ノ浜

 四倉では、駅から道の駅にかけて海辺沿いを歩いて回った。半壊住宅を補修するか、解体するかは、ほぼ決着がついたようだった。

 被害が比較的軽微だった四倉では、建築業者や瓦などの資材が投入され、復旧への気運が感じられた。

 考えさせられたのは、全壊住宅の跡地だ。そこに新たに家を建てる場合もいれば、「売地」にする場合もあった。

 一方、被害が甚大だった久之浜の地区は、四倉と比べると放置されている印象を受けた。

 .瓦礫は撤去された。半壊住宅は解体され、更地になった。全壊住宅の跡地や解体の跡地には、草木が生い茂っていた。復興というより、「自然に還りつつある」という印象を受けた。

 久ノ浜は、1年前は見渡す限り瓦礫の山で、度々、この一帯に作業に入った。一度、右翼の街宣車に乗った人たちも束ねて、瓦礫撤去したこともあった。

 どさくさに紛れて、産業廃棄物の不法投棄をする人もいて、その後始末を僕たち震災ボランティアがやることもあった。今は跡形もなくなっている。

 側溝清掃や災害ゴミの分別をした現場も、一通り片付いていて、外部から来た人間がこれ以上できることは、それほどなさそうだった。

 但し、それは決して「被災地が復興した」ということではない。

 それでも、今にして思う。仲間たちと力を合わせて、被災地のインフラ復旧にほんの少し貢献できたことは、自分の人生の中で誇ることができる、数少ない実績のひとつだ。

 山田宏哉記


【関連記事】
震災ボランティアの戦友たち 開かずの家篇(2011.10.2)
震災ボランティアの戦友たち 日常への回帰篇(2011.9.25)
震災ボランティアの戦友たち 再開/家財道具搬出篇(2011.9.10)
震災ボランティアの戦友たち 夏の終わり篇 (2011.9.1)
震災ボランティアの戦友たち 救援衣類仕分け篇 (2011.8.30)
震災ボランティアの戦友たち 除染作業篇 (2011.8.26)
震災ボランティアの戦友たち 写真洗浄篇 (2011.8.22)
震災ボランティアの戦友たち 避難準備区域/灼熱の側溝清掃篇 (2011.8.21)
震災ボランティアの戦友たち 避難準備区域/床下泥出し篇 (2011.8.19)
震災ボランティアの戦友たち ブロック塀倒壊篇 (2011.8.12)
震災ボランティアの戦友たち 食品工場対応篇 (2011.8.10)
震災ボランティアの戦友たち 床上浸水総合対応篇 (2011.8.5)
震災ボランティアの戦友たち 街宣車をめぐる騒動篇 (2011.7.27)
震災ボランティアの戦友たち 側溝蓋の開閉篇 (2011.7.20)
震災ボランティアの戦友たち 土嚢袋運搬篇 (2011.7.15)
震災ボランティアの戦友たち 食品工場清掃篇 (2011.7.8)
震災ボランティアの戦友たち 床下泥出し・清掃篇 (2011.6.29)
震災ボランティアの戦友たち 全壊地区の現場リーダー篇 (2011.6.21)
震災ボランティアの戦友たち 原発25km地点の瓦礫撤去篇 (2011.6.20)
震災ボランティアの戦友たち リーダーの責任篇 (2011.6.13)
震災ボランティアの戦友たち 豚小屋解体篇 (2011.6.12)
震災ボランティアの戦友たち 被災家具合法投棄篇(2011.6.6)
震災ボランティアの戦友たち 側溝/ドブ川泥掻き篇(2011.6.5)
震災ボランティアの戦友たち 避難所清掃篇(2011.5.29)
震災ボランティアの戦友たち 合同葬儀準備篇(2011.5.28)
震災ボランティアの戦友たち いわきの夜篇(2011.5.22)
震災ボランティアの戦友たち 被災家具搬出篇(2011.5.21)
震災ボランティアの戦友たち 床下浸水対応篇(2011.5.15)
震災ボランティアの戦友たち "災害ゴミ"運搬&ガレキ撤去篇(2011.5.14)
震災ボランティアの戦友たち 転機篇(2011.9.10)
福島県南相馬市での震災ボランティア体験記(2011.5.5)
震災ボランティアの戦友たち 決意篇(2011.9.5)





2012.5.13 記事一覧へ戻る 文筆劇場・トップ