(607)

 新宿ハイブリッドライフ

   この度、紀伊国屋でアルバイトをすることになりました。 お客として、頻繁に利用していたことが、役に立ちました。 本が10%引きになるのも、嬉しいところです。

 面接で、即決で通りました。やはり、「合否は後ほど連絡させていただきます」というのは、不採用のようです。

 清掃の仕事も、短縮しながら、続けます。 歩いて、30秒くらいの距離です。面接で、即決で通りました。

 新宿には、スポーツクラブのオアシスもありますから、この近辺で密度の濃い生活を送ることになりそうです。

 現在は、午後1時まで、清掃をしています。  これを、午前10時までで切り上げて、勉強・文筆の時間にあてます。

 午前10時からの数時間は、僕にとっては、もっとも作業がはかどる時間帯です。やはり、この時間を、掃除にあてるわけにはいきません。優先順位を間違えていました。

 週28時間から週34時間の労働時間に変わります。 両者あわせると、週休はゼロです。 もっとも、僕の本分は文筆であって、こちらは年中無休ですので、大したことではありません。  

山田宏哉記

P.S.かなり大きな生活上の変化がありそうですが、もう後戻りはできません。

2005.10.9

記事一覧へ戻る 文筆劇場・トップ