(651)

 究極の食事メニュー決定術

 今さら言うことでもありませんが、「次の食事で何を食べるか?」というのは、とっても大切です。

 僕が指針にしていることに、「(なるべく)多種多品」と「前回、前々回の食事メニューと違うものにする」ということがあります。

 1.主食について

 僕は、ご飯党なので、毎日、2食以上は、お米を食べます。  パンや蕎麦(そば)やラーメンは、一日一食までにしています。

 3食ご飯というときは、そのうちの一食を、赤飯、玄米、ターメリック・ライス、チャーハン などの「色つき」にするなどの工夫をしています。

 2.メインディッシュについて

 僕の中では、「肉を食べたら、次は魚」という原則があります。  魚や卵の食べすぎに関しては、僕は特に気にしません。

 肉にしても、前回、牛肉を食べたら、次は鶏肉といった具合に、なるべく散らします。

 魚でも、なるべく前回とは違う種類の魚にしています。

 さらに調理法も視野に入れれば、フライで食べた後は、刺身にする、などの工夫があります。

 3.飲み物について

 巷では、牛乳が飲み物の王様のように言われます。

 牛乳が栄養豊富なことは事実ですが、僕は、「多種多品」という点から、毎日毎食、牛乳ばかりを飲むことはしません。

 具体的に言えば、ヨーグルト・ドリンクと豆乳、野菜ジュースなどをバランスよく折り混ぜています。

 もっとも、基本は、身体(内臓)が欲するものを食べるのが一番です。  それでも、眼で見て「おいしそう」と感じる食べ物は要注意です。

 例えば、あらかじめ「ケーキが食べたいなぁ」と感じていて、ケーキを食べるのは、問題ありません。

 でも、例えばドーナツ屋さんで、ショウケースにズラーっと並んだドーナツを見ているうちに、「何だかあれもこれも食べたくなってきたなぁ」とやっていると、必要以上に食べ過ぎてしまいます。

 視覚は内臓より欲ばりです。  なので僕も、ミスター・ドーナツに行くときは、心を鬼にして「2個まで」などと決めてから行きます。

山田宏哉記

P.S. 「ココアは脳によい」といった単発の能書きより、こちらの方が大切です。

2005.11.23

記事一覧へ戻る 文筆劇場・トップ