(660)

 出勤日交渉をする

 今日、新しい仕事先の課長と出勤日について話し合いました。  これまでは、ちょっとした手違いで週3日程度でランダムに設定されていました。

 書籍販売場所の後片付けを週4か週5にするかで、交渉しました。  採用面接時は、週5ということでした。  プラスアルファとして、土曜日に全く別の仕事を希望ですることができます。

 「週4(月、火、水、金)と土曜日に仕事があるときでお願いします。」と希望を言いました。木曜日の夜は、「格闘活動」のスケジュール上、外したくありませんでした。

 幸い、割とすんなり希望が通りました。

 採用面接の時は、「月から金まで週5でできます」と言っておいて、入ってから「毎週、木曜日は休みたいです。」というのは、ずるいのではないかと思う人もいるでしょう。

 でも、採用されなければ、そもそも交渉以前の問題です。  また、面接採用時には、土曜日の仕事をするという約束はしていなかったので、土曜もやることにすれば、貸し借りの帳尻も合います。

 また、僕にも妥協の余地がありました。 「どうしても週5でやってほしい」ということであれば、やりました。  だから、希望を言うこと自体は、悪くありません。

   というわけで、僕のアルバイト収入は、概算で伊勢丹清掃(週18時間)で週2万円、書店後片付け(週約6時間)で週1万+α(土曜日の分)円ということになります。めでたしめでたし。

山田宏哉記

P.S.ビジネススキル本を読んでいたことも、役に立ちました。 

2005.12.1

記事一覧へ戻る 文筆劇場・トップ