(661)

 図書館で本の予約をする

 最近、新宿区の図書館でインターネット上で本の予約ができることを発見しました。これを利用しない手はありません。

 図書館では、人気のある本は、大抵、貸し出し中になっています。  本棚を閲覧しながら本を探すのもいいのですが、ピンポイントで探している本があるときは、予約が便利です。

 僕は、毎日、未読のよい本を最低1冊以上読まないと、脳が栄養失調に陥ってしまいます。「未読のよい本」という条件がやっかいで、これを常に確保するのは、思いの他、大変です。

 さらに僕は本を読むスピードがかなり速いので、例えば、講義の前に学生読書室で本を借りて、授業が終わったら、読み終えたその本を返すという感覚です。

 この点、図書館での予約というのは、「種をまく」行為です。  本を予約してから、本が届くまでに数日から数週間かかります。  この時間差がありがたかったりします。

 手元に未読本がなりなりかけた時、うまい具合に届くからです。

 この前の日曜、上限の10冊まで予約しました。  そして今日、4冊が受け取り場所に届いていました。

山田宏哉記

P.S. ちなみに早稲田の大学図書館でも、おそらく僕が「予約王」です。  なぜなら、スポーツ関連の本が充実しているのは、何といっても所沢図書館で取り寄せが必要だからです。

2005.12.1

記事一覧へ戻る 文筆劇場・トップ