(678)

 アルバイト情報誌の読み方

 ほとんどの人は、切実にアルバイトを探している最中に、求人情報誌を手に取ります。実は、これが失敗の元なのです。

 掘り出し物のアルバイトを見つけたければ、仕事を探していなかったり、今の仕事に満足している状態のときから、定期的にアルバイト情報誌に眼を通しておく必要があるのです。

 相場感覚を身に着けて、このアルバイトの勤務条件は恵まれているかどうか、ということを嗅覚で直感的に判断できるようにしておくためです。

 また、毎回、同じ勤務先が、同じ求人情報を掲載している場合が多くあるからです。

 こういうところは、「外れ」が多いものです。  なぜなら、ほとんど応募者がいないか、新人が入っても、すぐにやめてしまうような職場と予想されるからです。

 むしろ、掘り出し物のアルバイトは、マイナーな情報誌の片隅に、1回載るか、載らないか、というくらいです。

 私の経験から言っても、毎回募集をかけている所は「外れ」、ごくまれにしか募集をかけない所は、「当たり」でした。

 定期的に求人誌を読んでいると、どこが毎回募集をかけていて、どこが1回限りで募集をかけているかということが、おおよそ判断がつきます。

 掘り出し物のアルバイトを見つけたければ、情報誌は、普段から新聞のように読んでおくものなのです。

山田宏哉記

P.S. 近日、メールマガジン「短時間アルバイトでしっかり稼ぐ方法」をはじめます。

2005.12.12

記事一覧へ戻る 文筆劇場・トップ