(681)

 睡眠学習の王道

 以前、「睡眠学習セット」なるものが、話題になっ た覚えがあります。

 枕元にスピーカーが備え付けられていて、例えば、 英単語の発音と意味が、寝ている最中も延々と流れて いるというわけです。

 私も、少しでも時間を有効に使いたくて、ヘッド フォンで夜通し音楽を聴きながら眠っていた時期が あります。寸暇を惜しんで感性を磨くためです。

 えてして、こういうものは、睡眠にとって有害なだ けです。私の場合、結局、単に眠りが浅くなっただけ の結果に終わりました。(常識的に考えて、当たり前 のことですが。)

   なぜなら、睡眠中は、脳が勝手に情報整理をしてく れるので、外部からの刺激は少ない方がよかったから です。その脳内整理の断片が、夢というわけです。

 むしろ、睡眠時間を学習に役立てたいなら、勉強後 に、すぐに寝ることです。その方が記憶の定着率がい いことがわかっています。

 また、目覚めた直後も勉強に適した時間帯です。 (紅茶やコーヒーなどのカフェイン入りの飲み物がわ きにあると、なおいいです。)

 ふと思えば、勉強の合間に、ついうっかりうたた寝 をしてしまうことがあります。

 これは、決してだらしないことではありません。  むしろ、実は勉強中のうたた寝こそ、有効な睡眠学 習の王道なのでした。

山田宏哉記

P.S. 岡本浩一(著)『わが子を「勉強好き」にする技術』(幻冬舎)でも、勉強をする前にテレビを観ることが勧められています。

2005.12.13

記事一覧へ戻る 文筆劇場・トップ