【2012年 読書本評価】

1位


2位


3位


4位


5位

6位

7位

8位

9位

10位





 文筆劇場・ジョン・スミスへの手紙 
 サイバー・ラボ・ノート

@HiroyaYamadaをフォロー
記事タイトル
掲載日
ギャンブルとしての原発問題 2013.12.31
誰が「面倒な雑用」をするべきか 2013.12.30
タクシーに未来はあるか -業界復活の切り札- 2013.12.21
人間をやめ、人材になる 2013.12.15
TV電話が普及しない本当の理由 2013.12.7
なぜ、あの人は女性にモテないのか 2013.11.4
刑務所で学ぶ仕事論 2013.11.4
就職活動の勝敗は10歳の頃に決まっている 2013.10.25
『ちびまる子ちゃん』で学ぶ「教室内カースト」 2013.10.20
あえて愚行を為す権利 2013.10.20
反社会的企業のグリードなDNA 2013.10.14
なぜ、あの人は電車に轢かれたのか 2013.10.12
半径5メートルの世界と希少スキル 2013.10.11
"この世にいらない人間"の絵画展 2013.10.1
毎日は「同じことの繰り返し」なのか 2013.9.28
収容施設としての学校と本当の教育問題 2013.9.24
なぜ、日本人の7割には中学レベルの知識もないのか 2013.9.22
もしも、日本人の8割が"歩行指導員"だったら 2013.9.21
勤労の美徳と資本主義の強欲 2013.9.21
ウェブへの上場と不特定多数による評価 2013.9.16
仕掛けと手仕舞いの仕事論 2013.8.31
動物の本能と人間の理性 2013.8.24
"この世にいらない人間"と動物的本能の暴走 2013.8.20
師匠は弟子に何を教えるか 2013.8.14
無駄な"やる気"の弊害 2013.8.3
"人間的魅力"の効用と限界 2013.7.29
"世の中の矛盾"とどう向き合うか 2013.7.15
モジュール化する仕事と人材 2013.7.13
娯楽としての生活保護叩き - 負け犬オーラで不採用 - 2013.7.6
勤勉という美徳の終わり 2013.6.30
仕事がなくて暇な会社員 2013.6.30
勉強で得られる知識は、価値が低い 2013.6.22
仕事が好きな人、嫌いな人 2013.6.1
肝心なときに逃げる人 2013.5.19
なぜ、月給14万円の介護人材は不人気なのか 2013.5.3
仕事に"専門的な知識と能力"は必要か 2013.4.27
"愚直さだけが取り柄"のボリューム層 2013.4.20
ビジネスでは、あまり努力しない方が良い理由 2013.4.20
誰が「腐った人材」を養うのか 2013.4.13
株式投資のリスクを抑える方法 2013.4.6
加熱相場と"宴の終わり" 2013.4.4
"潜在的犯罪者"の処罰は許されるのか 2013.4.1
「パンを分け合う仲間」としての会社 2013.3.30
なぜ、あの人は「本を読むバカ」なのか 2013.3.26
「やればできる」の仕事論 2013.3.23
"コモディティ化"とは何か 2013.3.20
人は"ポジション取り"の上手さを"運"と呼ぶ 2013.3.20
なぜ、ユニクロの離職率は高いのか 2013.3.16
僕が津田大介氏に嫉妬する理由 2013.3.13
若者よ、貯金は止めた方が良い 2013.3.12
英語公用語化の真意 2013.3.9
薄給の時代、副業の損得勘定 2013.3.2
株で勝つのが難しい理由 2013.3.2
残業を良しとする"村の論理" 2013.2.24
お金を稼ぐ力、組織を泳ぐ力 2013.2.16
タイトルで得をする人、損をする人 2013.2.10
「みんな」という名の不審人物 2013.2.9
リスクヘッジとしての株式投資 2013.2.2
勤労の国の幸福なサラリーマンたち 2013.1.27
公務員の"駆け込み退職"騒動の本質 2013.1.26
株式投資の「究極の目標」とは何か 2013.1.23
シャープ株の売買で気付いたこと 2013.1.18
"試練の場"としての株式投資 2013.1.14
オウム事件の核心と藤原新也(著)『黄泉の犬』 2013.1.10
体罰の是非と体罰教師の思い出 2013.1.9
情報収集の5%理論 2013.1.7
中村淳彦(著)『職業としてのAV女優』覚書 2013.1.4
読書の費用を回収できるか 2013.1.4
いかに「読むべき本」を確保するか 2013.1.4
"紙本主義"の終わりとアマゾンのキンドル生態圏 2013.1.1